読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜栗の留学記

留学する夢を叶えてしまった…!

留学に行く前に… PART 5

留学

こんばんは、さくりです🌸🌰

 

今回はケータイ電話について話していきます!

 

海外で日本のケータイを使うとすごいお金がかかるということは知っていたんですが、いろんな対処法があってすごくややこしいですよね!?さくりは1週間くらい学校の勉強並みにいろいろ調べました…_(:3 」∠)_ 本当に機械音痴には大変でした💦

 

結論から言うと、さくりが1番良いと思った方法はsimフリー版のiPhone7(当時最新)を買って、T-mobileの$30/mのsimカードを買うことです!

 

はい、ここまできて意味分からない人、以前のさくりと同レベです笑笑

 

さくりなりに他の方法もわかりやすく説明しようと思うのでよかったら↓に行ってみてください!

 

 まず、海外でケータイを使う方法がいくつかあります!

 

1.simカードを買う

simカードっていうのは、ケータイがインターネットにつながるようにするものです。ausimカードを使えばauのネット回線を使えるし、softbanksimカードを使えばsoftbankのネット回線が使えます。つまり、ケータイ会社にとってはどの回線がお客さんに使われるかっていうのが重要になってきますね!だから、iPhone6以前はsimロックというものがケータイにかかっていて、simカードを変えることができませんでした。しかし!iPhone6s以上はできるようになりました!なので、iPhone6s以上の人はsimロックを解除して海外で使えるsimカードを買えば、日本で使っているのと同じようにケータイを使うことができます✧︎◝︎(*´꒳`*)◜︎✧︎超便利✧︎◝︎(*´꒳`*)◜︎✧︎

でも、iPhone6s以上の人にも条件があって、そのiPhoneを半年以上使ってないとsimロック解除ができないんです...!iPhone6sを持っていても、4か月とかなら意味がないということですね...ちなみにsimカードは現地でも買えますが、日本からも買えます!さくりはAmazonからT-Mobilesimカードを購入しました ٩(ˊᗜˋ*)و意外と簡単にみつかりました!

 

2.simロックフリーのケータイを買う

この方法は海外でケータイの本体もsimカードも買うという方法です。語学力に自信がないと難しそうですね(;´・ω・)海外ならsimロックフリーのケータイは安いらしいのでチャレンジ精神のある人は是非どうぞ!ちなみに日本ではあんまり売ってないみたいですが、手に入れる方法はいくつかあります!a. Amazonなどで中古のiPhone6s以上の本体を買う。 b. 海外製のケータイを買う(香港製がいいとネットで見ただけですけど...笑)。 c. Apple Storeで買う。

さくりはcの方法をとりました!

この方法をとった理由としては、さくりのケータイがiPhone5c(3年目)だったからです。simカードは使えない上にバッテリーがイッてらっしゃる、YouTubeも見れなければ、Twitterで流れてくる動画も見れない(iPhoneが悪いかはわからないけど…笑)のでもう本体から変えた方が良いかなぁと… 

もともとの契約は休止手続きをするので違約金はかかってません!simカードを挿入してからの設定もそんなに難しくなく、できました(*´꒳`*)でも、果たしてちゃんと自分で設定、契約がちゃんとできるでしょうか…??それは着いてからのお楽しみですね💕

ちなみに買ったsimカードはこんなんです!

f:id:sakuri0518:20170104002515j:image

あ!みなさん、さくりが使えたのをここで発表してから買ってくださいね!?まだほんとの意味で利用できるかはわからないですよ!?笑

 

3.ポケットWI-FIを使う

さくりはオーストラリアに行ったときに使ったんですけど、すごくよかったです!つながりやすくて、オンラインRPGゲームもできちゃいました!笑 でも、1日の利用料が高いので短期間の滞在の人におすすめです!ちなみにさくりが使ったのは

www.wi-ho.net

 

これです!関空で借りるのも返すのもできるので便利でした!おすすめです@@@@@

 

4.海外用ケータイを借りる

さくりは大学でケータイの説明会があった時にケータイを借りるという方法を進められました。でも、高い割にデータ量が少なくてこんなん使ったら一瞬でなくなる!と思いました...利点としては、日本語対応で自分で英語で何とかするってことがないことですね!

 

さくりが知っている方法はこれくらいです。お役にたてましたか?

 

 

 

 Next→留学に行く前に... PART 6